深刻な人手不足の問題

高齢化社会の進行と共に医療の現場で働く医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の担い手不足の話題がクローズアップされています。人の命を預かる現場だけに、そのプレッシャーは半端なものではないとされていますが、医療業界ならではの仕事の魅力があることも確かです。日本の高齢化の問題については、その影響が徐々にいろいろなところに出始めており、緊迫性を持った話題として取り上げられる機会が多くなっています。都心エリアにおいては、充実した行政サービスをあてにするなどして、地方山間部からの人口流入も相次いでおり、それによって医師や看護師などの不足が浮き彫りになっています。また、福祉医療関係費の支出額増大についても懸念されており、ジェネリック医薬品の積極的活用などの取り組みが盛んに叫ばれるようになってきました。このジェネリック医薬品については、日本では、遅れをとっていることもあり、多くの期待が寄せられています。また、地方山間部では、過疎化や高齢化率上昇という極めて厳しい状況におかれながらも、ドクターヘリの活用や画像診断の活用などによって、できる努力を惜しまない姿勢がみられています。ここまでの危機的状況に陥っている背景には、医師や看護師、薬剤師などの仕事やりがいはわかるものの、その厳しさから、若い世代が職業として選択しない方向にあるといわれています。給与水準や仕事やりがいよりも、休みが多いことなどを求める若者が増えているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です