他では得られない貴重な経験

医療の仕事と言えば私達にとって大変身近な仕事ですが、一方で忙しい事でも知られています。医師や看護師として病院に勤務した場合、どのような仕事にモチベーションを感じられるのでしょうか。例えば産婦人科に勤めた場合、日常的に命の誕生に立ち会う事ができます。不妊に悩んでいた女性や出産を恐怖していた女性が「お母さん」になる瞬間を見届ける事によって、日々新たな感動をもらう事ができるのです。もちろんこれからの日本を支える小さな命の誕生を見届ける価値は大きいと言えます。他にも外科に勤務した場合、命に関わる怪我や病気を抱えた患者さんと数多く関わる事になります。死を前に生きる事に絶望した患者さんと二人三脚で治療に励めば、それだけで仕事やりがいを感じられるでしょう。もちろん自分の研究によって患者さんを適切に治療する方法が見つかったり、命の危機から救済する事も可能なのです。その度に生命の持つ力強さや、人間が生きて行く喜びを再確認できるでしょう。医療の仕事はこのように、常に生と死の狭間に立って行なう勤務であり、それだけ毎日責任が重大ですが、他では得られないような貴重な経験を与えてもらえるのです。また医療の仕事は過酷だからこそ多大な対価を得られる職業であり、そうした面にやりがいを認める事も可能です。医師でも看護師でも一般的な会社に務めるより高価な年収を得られる事で知られている職業なのです。タフさが求められる業界であればあるほどこうした対価は上昇します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です